社員紹介 / インタビュー

仕事感をわりかし出したくないんです

アプリ事業部
デザイナー
2013年入社

今担当している業務内容を教えてください

アプリデザインを中心に、会社やイベントの販促物のデザイン、関連企業からの外注案件など、デザイン業務全般を担当しています。あとは各制作物の確認、新卒や新入社員の業務振り分けやスケジュール管理などを行っています。
普段から心掛けているのは、最低限必要な敬意を持って接しつつ、言い合える関係を作ること。ダメな時はダメと言って、お互いにフラストレーションを溜め込まず、対等であれば良いのかなと思っています。ラフな環境づくりを意識しています。
会社独自の共通ルールや、必要最低限の礼儀だったり、当たり前のことを当たり前に行う。気付いたら今の立ち位置にいました。リーダーという役職をもらいましたが普段行う業務は変わっていません。今まで「リーダーの仕事をやっていた」からリーダーになれたみたいなものかと思っています。

業務の難しさを教えてください

自分が「これ良いじゃん」と思ったデザインでも、万人ウケするとは限らないところです。
事業部内では、「このデザインいいよね」と意見が一致しても、実際にアプリをリリースしてみると、ダウンロード数や売上などの成果が低かったりすることがあるので、ユーザーの感覚に近づくのは難しいものだなと常々感じています。こちらでアプリの使いにくさの改善や、最新の使いやすい機能を追求したところで、ユーザーにとっては使いにくいこともありますし、こういう差は埋めるのが難しいなと感じています。自分でアプリやWebサイトにたくさん触れることで、「こういう傾向があるから、こういうものが流行っている」みたいな感触で掴んでいくしか無いと思っています。流行りのデザインがどうなのか、ホントに研究に研究を重ねてといった感じです(笑)。反復練習みたいなものかなと思っています。

業務の中で意識していることを教えてください

効率と円滑とちょっとの冗談です。というのも1アプリ制作するのに、基本的にはディレクター・デザイナー・プログラマーの3人のチームで進めていくのですが、みんな職種が違うので、アプリの申請日までに、どのように進めていくのかを考え、しっかりリリースできるように、スケジュールを立てていかないといけません。小さなストレスをなくすために、どうやったら円滑に回るかを常に意識して考えています。
デザインの事だけではなく、プログラムのことも教えてもらった上で、「ここを早めに進められれば、プログラマーも早く動ける。そしたらディレクターも早めに進行できます。」というように、全体を見て円滑に進めていきたいなって考えています。
あとは、打ち合わせ時に真剣な話はしますけど、ただ業務的に話すのではなくて、ちょっとした笑いや冗談を敢えて入れることで、円滑なコミュニケーションが取れると思ってるんです。決して業務の話だけにしないで意識的にやる。仕事感をわりかし出したくないんです。仕事ですけど(笑)。
仕事は楽しくやりたいですよね。ここはとても大事にしています。

所属、業務内容は取材時点の内容となります。

RECRUIT

目指すのは、少数精鋭ではなく多数精鋭。
社員一人ひとりが個性とパワーを持ち、会社の成長の柱となるモノを生み出してもらいたいです。