社員紹介 / インタビュー

IT系と聞くと、堅苦しいイメージを持っていました

企画開発部
サービスデスク
2016年入社

ITIに入社して変わったことがあれば教えてください

自分の意見を周りに発信できるようになりました。一緒に働く方の人柄の良さや、話しやすい環境があったからという理由が大きかったです。みんなとても優しい人たちばかりで、よく声をかけてくれるので、「私はこう思います」という自分の意見を、以前よりも発信できるようになれたと感じています。
あとは、入社前は接客業しかやってこなかったということもあり、IT系と聞くと、堅苦しいイメージを持っていました。PCと一日中睨み合って、一人黙々と作業をしているような(笑)。ただ実際の社内はそんなことはなく、社員同士とても近い距離に感じられました。それが、自分の中ですごくいいなと。社内にはいろんな職種の方、面白い方がたくさんいて、会社の飲み会では、他部署の全然喋ったことのない人ともコミュニケーションをとれるので、自分が関わっている業務以外の話を聞けるのも、新鮮で楽しいですよ。

サービスデスクとして活躍していくには、どんなスキルが1番重要でしょうか?

今のサービスの仕様でユーザー様が満足している部分を知り、改善できる所を探し出して、どんどん深掘りしていくことです。サービスデスクって、エンジニアさんのような専門技術を駆使していくというよりも、ユーザー様が悩んでいる問題点を見つけて、そこから解決方法を探していくような「対人業務」が多くなるので、そこが一番大事だと思っています。人の役に立ちたいという気持ちが強い人には向いている職種だと思います。
私はIT業界はもちろんのこと、サービスデスクという職種も未経験でしたので、入社当初はやっていけるか不安でしたが、先輩が丁寧に教えてくれたおかげで、安心して業務に取り組むことができました。ビジネスマナーについても、取引先などとの電話対応やお客様とのメール対応などマンツーマンで細かく教わりました。先輩のサポートはとても嬉しかったですし、サービスデスクとして、丁寧な対応でユーザー様に喜んでもらえるようこれからも頑張っていきたいです。

今後挑戦してみたいことを教えてください

PHPなどのプログラミング言語を学んでみたいです。業務の中でプログラミング言語が出てくる機会が多くて、その都度調べてはいるのですが、勉強してもっと専門知識を身につければ、業務も円滑に進められますし、ユーザー様やクライアント様をサポートできる範囲も広がると考えています。
あとは将来的に、後輩から頼りにされる先輩になりたいというのもあります。後輩から質問されてすぐに答えを導き出せるよう、今ある目の前のものをしっかりと理解して、私が丁寧に教わったように、後輩や部下にもわかりやすく教えてあげられたらなと思っています。
ただ私自身、伝えたい内容をまとめるのが苦手なんです。言いたいことがあっちいったりこっちいったりで結局何の話をしていたのかわからなくなることもしばしば(笑)。
インプットとアウトプットの頻度を上げることで、改善していきたいと思います。

所属、業務内容は取材時点の内容となります。

RECRUIT

目指すのは、少数精鋭ではなく多数精鋭。
社員一人ひとりが個性とパワーを持ち、会社の成長の柱となるモノを生み出してもらいたいです。