社員紹介 / インタビュー

こう見えて仕事大好き人間です

管理部
経理
2017年入社

経理職を志すことになったきっかけを教えてください

ITIへの入社前は販売職として6年半勤めていて、支店長のようなポジションでした。業務では接客の他に、数字の管理もしていたので、そこで数字を取り扱う仕事をしたいと思ったのがきっかけです。自分が元々数字を好きだったこともありますが、今までとは違う仕事に挑戦したいという気持ちもありました。あとは会社を支える役割にも魅力を感じていたので、経理の仕事に就きたいと考えるようになりました。経理って、縁の下の力持ちとして、どこの会社でも必須の職種じゃないですか。会社の成り立ちや土台の部分を知ることができて、楽しそうなイメージを持っていました。その反面、Excelなどのソフトも使えないとダメだろうなと思っていたので、入社するまでは不安な部分も正直ありました。ただ最初の3ヶ月は前任の引き継ぎや、基本的なこともしっかり教えてもらえたので、そこを乗り越えたあたりから、変な安心感は既にありました(笑)。

仕事に対しての考え方を教えて下さい

仕事が嫌だなというのがそもそもなくて、仕事楽しいんですよ。ギャップあるってよく言われますが、こう見えて仕事大好き人間です(笑)。今はスケジュール通りに進むのが楽しいですし、最近だと、ちゃんと営業さんとやり取りができるかどうか?という部分も楽しんでいます。
朝の通勤中でも、「今日は、どうやって仕事を進めていこうか」など考えているほどです。以前、社長が朝礼で話していた「仕事は取るか取られるか」みたいな熱い話にも、とても共感できて胸が熱くなりました。そもそも未経験で経理を募集している企業なんてめったにないので、本当に良いタイミングで、ITIに入れて良かったなと思っています。

職場環境にも満足しています。仕事で判断に迷った時、上司に聞くことがあるのですが、ちゃんと想像していた答えが返ってくるので安心感があります。未経験で何もわからない状態で入ってきましたが、聞きやすい環境なのは、新入社員としてはとてもありがたいです。管理部の上長は、進捗確認だけでなく、定期的に雑談などで声をかけてくれます。気にかけてくれている感じもありがたいです。

仕事のやりがいを感じるのはどんな時か教えてください

自分が立てたスケジュール通り、スムーズに1ヶ月を終えることができた時です。基本1ヶ月間というのが、私の中での業務のスタートとゴールになっています。経理は月初と月末が忙しいので、そういう意味も含まれています。個人的には、後々のスケジュールを狂わせたくないので、しっかり1つ1つクリアしていきたいというのがあるんです。ですので基本は、そのスケジュールに沿っていければ、私の中でやりきったという気持ちになれますので、そこを目指して1ヶ月間業務を進めていきます。ただ何も考えずに淡々と進めていけばいいという訳でもなく、毎朝1日のやることを最初に決めて、パソコンの付箋ソフトを使い、全部やりきって、付箋を消していくことが気持ち良くて好きです。それができなければ微調整が必要になります。次の日にやろうと思ったら、当日に違う仕事が入ってきてしまうというのも珍しくありません。そうやって少しずつ調整して、しっかり期日までに提出物を出せた時、達成感とやりがいを感じます。

所属、業務内容は取材時点の内容となります。

RECRUIT

目指すのは、少数精鋭ではなく多数精鋭。
社員一人ひとりが個性とパワーを持ち、会社の成長の柱となるモノを生み出してもらいたいです。