社員紹介 / インタビュー

これまでの開発方法にこだわらず柔軟に

企画開発部
エンジニア
2015年入社

携わっている業務の魅力について教えてください

自社でリリースしている転職サービス「JoinsJob」のエンジニアとして、開発に携わっています。特に、開発工程に関して裁量を持てる点に魅力を感じています。
当然ですが、納期までにしっかりリリースできるよう予定を組んだり、企画者を始めとしたチームでのやりとりや、プロジェクトの進行等も任せていただきました。しかし、プロジェクトを進めていく上で問題も出てきます。システムや品質の面でアクシデントが起きた際は、チームで話しながら解決方法を模索していくのですが、その際もエンジニアのリーダーとして、進め方について裁量権をもらえました。
また自分自身、新しい技術を取り入れるのが好きなので、開発しているシステムをより良くするために、これまでの開発方法にこだわらず柔軟に対応していける環境も魅力だと感じています。

開発を進めるうえでどういったところにこだわりを持っていますか

「JoinsJob」に新しい技術を取り入れていくというのはもちろんですが、クライアントやエンドユーザーという利用者様へ提供しているサービスの品質やユーザビリティなどをできるだけ向上させていきたいです。
そのための手法は改善点を探りながら、どんどん変えていきたいと考えています。たとえば、ユーザビリティの面では、直感的に操作することはユーザーにとって比重が大きいと思っていて、その点でいうと、デザイン部分は優秀なメンバーがいるので任せることができています。システム的に改善する部分は当然まだまだありますが、デザイン面や、エンドユーザーの使いやすさという点は大事にしていて、UI/UXを重視したサービス作りを行っています。

品質の面では、たとえば簡単に言うと、ブラウザが軽くてスムーズに遷移できるようにするとか、セキュリティ面や、実際に裏で動いているコードそのものの品質など、誰が使ってもわかりやすいシステム設計にすることになります。日頃から書籍やネットでリサーチして、まだJoinsで導入していないような技術や考えがあれば、試すことは出来ないか自分で考えてみて、上長に相談しています。

もっとも印象に残った業務エピソードを教えてください

「JoinsJob」で初めて転職者が決まった時のことは印象的です。正式版のリリース前、次々と営業メンバーがジョインし始めて、「よしやっていくぞ」とチームが活気づき、リリース後は「1人目の転職成功者を出す」という目標に向かって、チーム一丸となって取り組んでいました。そんな中、リリースから3ヶ月後、実際にエンドユーザーがJoinsJobを利用して、転職が決まりました。リリースまでに長い時間がかかったので、初めて売上を立てられたというのは会社としても大きかったですし、開発も、企画も、営業も、みんなが喜んでいました。
普段は淡々と業務を行うメンバーが多かったのですが、みんなで立てた目標へ向かっていくために、みんなで「JoinsJob」を盛り上げていく態勢ができていました。リーダーとしても個人としても、メンバーのモチベーションを継続するために学ぶことは多かったです。

所属、業務内容は取材時点の内容となります。

RECRUIT

目指すのは、少数精鋭ではなく多数精鋭。
社員一人ひとりが個性とパワーを持ち、会社の成長の柱となるモノを生み出してもらいたいです。