社員紹介 / インタビュー

会話のオチを考えて、何が一番話したいのかを忘れない

企画開発部
プロダクトオーナー
2016年入社

プロダクトオーナーの業務の中で難しいと感じる部分は、どこでしょうか?
またクリアするために気を付けている点があれば教えてください。

人に情報を伝える時です。元々、自分自身ボキャブラリーが少ないと感じていて、人に何かを伝えることが得意な人間ではありませんでした。ITIに入社した当初なんて言いたいことが何も伝わらない感じでしたからね(笑)。
そんな状態だったこともあり、業務に携わる中で、もっと上手くなりたいと感じるようになりました。対策として、人に伝える前に、先に要点を頭で整理したり、文章に書き起こしたりして、伝える情報を整理していました。成長の機会は日常生活でもたくさんあると思っていて、例えば雑談もそうじゃないですか。どう話したら面白くなるか、会話を組み立てていくじゃないですか。会話のオチを考えて、何が一番話したいのかを忘れないように気をつけます。最低限必要な要素を覚えておいて、相手にしっかり伝える。そして毎度、その後は一人反省会です(笑)。
その他にも、上司に「これ参考になるから読んでみな」と勧めていただいた書籍を読んでみたりもしましたね。それでいろいろ勉強させてもらったので、入社した1年半前と比べても大きく成長できたという実感はあります。

ITIの社風にあうのは、どんな人か教えてください

明るくコミュニケーションをとることが好きな人、あとは仕事とプライベートの切り替えが上手い人はITIに合っていると思います。ITIは社内でのイベントが多くて、忘年会や新年会など全社員が参加するイベントでは、話しかければみんな気さくに返してくれます。入社したての人でも、楽しく話せる雰囲気ができあがっていますよ。上司や先輩も話しかけてくれますが、個人的には、そこは受け身ではなく、自分から話しかけていくようにしていて、みんなもそれに反応してくれるのが楽しいですね。僕自身も話すことが好きで、たまに業務中に悪ふざけをしたりもします(笑)。
業務連絡のためだけに会話をしたくないじゃないですか。だから自分からコミュニケーションを取っていくスタンスの人は合っていると思います。社内イベントも多いですし、普段の業務中もいろいろな人とコミュニケーションが取れるので、社内の雰囲気は良いです。上司が「リフレッシュもちゃんとしてね」と言ってくれるので、自己管理さえできる人であれば最高な環境だと思います。

仕事のやりがいを感じるのはどんな時か教えてください

要望→仕様検討→実装→レビューまでのフローをつまずくことなくやり遂げられた時です。あとは挙がってきた要望をヒアリングして、相手が真に何を言いたいのかわかった時ですかね。日頃から相手が「何を求めているのか」という部分には注意して見ています。相手の問題点をヒアリングして見つけてあげることが、僕の業務の中でも、とても大事な部分だと思っていますので。例えば、上司に「~の情報が欲しい」と言われても、こちらが“~”の意味を理解しきれていなかったら、結局勘違いして大幅なロスになってしまうわけです。ですので最初のヒアリング段階から、話の深掘りをしていき、相手の要望を汲み取る事に注力します。
もちろん、途中で「これ、ちょっと違くない?」なんて指摘をもらうことも結構ありますが、そういったこともなく、実装してもらって、問題もなくレビューまでいき、「これ良いじゃん」「いいね!」みたいに言ってもらえた時は、やりがいを感じますね。こういったやりがいを感じるためには、日頃から他のサービスをたくさん見て、業界知識に強くなることが大事だと思っています。競合媒体だけではなく、アプリやウェブもそうですが、ユーザーが使いやすく感じるように、何気なく置かれているボタンやページにも1つ1つ意味があります。それを自分なりに考察しながらたくさん見て、自分の知識にしていくことがとても大事なことだと思っています。

所属、業務内容は取材時点の内容となります。

RECRUIT

目指すのは、少数精鋭ではなく多数精鋭。
社員一人ひとりが個性とパワーを持ち、会社の成長の柱となるモノを生み出してもらいたいです。