社員紹介 / インタビュー

良い意味でルールに縛られ過ぎていない

企画開発部
エンジニア
2015年入社

携わっている業務の魅力について教えてください

いろんな視点で物事を考えられることです。私が担当している受託案件には、ステークホルダーが数多く存在します。直接やり取りを行うクライアント、クライアントのクライアント、実際に我々のサービスを利用するエンドユーザーといった具合です。このように1つの受託案件でも、見るべき視点は様々です。主観的な考え方だけでなく、携わる企業や人の目線に立って業務を進められる点にはとても魅力を感じています。たとえば、クライアントからのオーダーがすべてのステークホルダーにとって有益なものかというと、必ずしもそうではありません。誰もが納得いく着地点は無いかもしれませんが、なるべくそこに近づけるように努めています。

こうしたことは、社内でも同様です。開発者には開発者の意見がありますし、ディレクターやデザイナー、サービスデスク等、役割が違う事で物の見方、考え方は異なります。状況や立場によって視点を変えつつ、様々な切り口から考えていくのは大変なことでもありますが、とてもやりがいのある仕事だと思っています。開発寄りの話だと、良い意味でルールに縛られ過ぎていないという点も魅力の1つだと思います。開発手法やフロー等はありますが、誰一人として今のやり方が「完璧」と思っているメンバーはいません。常にトライ&エラーを繰り返しながら改善しています。新しい言語やサービスに関しても「これ使ってみたい」という意見があれば、積極的に採用していくスタンスで開発しています。そういった意味でも個人の裁量で決められる部分が大きいです。あるのは開発していく上で必要最低限のルールだけなので、エンジニアの自由度は高く働きやすいと思います。

今後の目標を教えてください

私も含めてですが、開発メンバー全体の技術レベルをさらに上げていくことです。その一環として、勉強会をはじめとしたエンジニアがアウトプットできる場を増やしていこうと考えています。まずは事業部内のメンバーでスタートし、次に会社全体、最終的には社外まで広げていきたいと思っています。業務だけだとなかなか新しい技術や流行りの技術について触れられないじゃないですか。そういったところを勉強会等を通して、学んでいけたらなと。さらに技術レベルが上がれば、もっと楽しくなると思うんです。そして将来的には「ITI の技術レベルは高い」と思われるような組織にしていきたいと思っています。

管理職になってから働き方や意識はどのように変わりましたか?

ITI社員としての意識や責任感はもちろんですが、働き方も変わりました。以前は開発のスケジュールや進捗状況の確認などがメインでしたが、管理職になってからは、メンバーのコンディションや行動も意識するようになりました。あとは、お客様とのやり取りが増えたことで、先程も述べたように視野が広がりました。

見える景色が変わったことで、自分自身の成長スピードをこれまで以上に加速させる必要があると思うようになりました。目指す姿はフルスタック人材です。指示を出す側としては広範囲の業務について理解しておく必要があるので、もっと知識の幅を広げていくべきだなと。上の立場の人間が幅広い知識を持っていることで、コミュニケーションが円滑になり、メンバーの理解度も上がるので、これからも開発について深く追求していきたいです。

所属、業務内容は取材時点の内容となります。

RECRUIT

目指すのは、少数精鋭ではなく多数精鋭。
社員一人ひとりが個性とパワーを持ち、会社の成長の柱となるモノを生み出してもらいたいです。