社員紹介 / インタビュー

「こんな面白い人いたんだ」という新しい発見

管理部
人事
2017年入社

仕事のやりがいを感じるのはどんな時か教えてください

新しい社員の入社が決まった瞬間と、入社後に活躍されている話を聞くと、ITIで採用できて良かったという気持ちになります。最近は人材不足で売り手市場と言われていることもあって、1人採用するにも苦労する時代です。そんな中、数多くある企業からITIを選んでもらい、ITI、候補者の双方ともに、「採りたい」「入社したい」という意志が合致したのがわかった瞬間は、この採用に関わることが出来て本当に良かったと思います。

ただ採用は採って終わりではなく、その後もしっかり社員が会社に馴染んで働きやすい環境を提供しなくてはいけないと思っています。実際に入社した後で、面接で話していたことと相違があったり、社風があわなかったりすると、新入社員にとって希望通りの職場とは言えないんです。そうなれば、採用は失敗したのと同然です。そうならないためにも、面接の段階で、ITIの社風や雰囲気、ルール等を説明して、ITIという会社をしっかり理解してもらい、疑問点は何でも聞いてほしいです。
そんな様々な条件を乗り越えた結果、繋がることのできた大事な仲間なので、入社後に所属先のメンバーから新入社員が活躍していることを聞くと、自分の事のように嬉しいですし、本人から満足している言葉を聞けると、採用することができて良かったと心から思います。

どんな人がITIの社風にマッチするか教えてください

何かを成し遂げたいという強い意志を持っていて、現状の自分の環境に満足していない人には、ITIの社風はマッチしていると思います。ITIの企業理念は「最高な仲間とエキサイティングし、世界を驚かせる」です。仲間意識や仕事に対する意識の強さは、他社と比較しても高いと感じますし、個々が持っている熱い気持ちはしっかり伝わってきます。目標や成長意欲を持っている人には、「やりたい事」を実現できる、環境の整った会社なんです。現状のITIは決して大きな会社とは言えませんが、大手企業にはない、ベンチャー企業ならではの自由な社風という強みがあるんです。挑戦してみたい業務に携われなかった経験や、業務スキルを持て余している人には、やりがいのある仕事を用意できると思っています。

会社開催のイベントの雰囲気について教えてください

社内イベントは頻繁に開催していて、新年会・節分・お花見・BBQ・忘年会などの大きなものは勿論ですが、社員各々で歓迎会や誕生日会等も随時行っています。ITIが幅広く事業を行っている特徴上、社内の飲み会やイベント時には、ちょっとした異職種交流会のような状態になります(笑)。社内でも違った職種の話を聞けて新鮮で面白いです。もちろん、同職種の社員も多数在籍していますので、普段の業務では絡めない他事業部の社員とも話す機会があり、「こんな面白い人いたんだ」という新しい発見もあり、和気あいあいと楽しんでいます。

一般的には、様々な事業部を抱えている企業では、横の繋がりが希薄化してしまいがちですが、ITIでは事業部間の交流が活発なので、その心配はないと思っています。さらに、社内は仕切りのないワンフロアで、別途社長室もないため、フロア内で社長と社員が談笑している場面も頻繁にあります。そのため社員同士が近い距離にあり、コミュニケーション面では閉塞感は感じにくいと思います。新入社員目線でも、交流できるイベントが豊富にあるため、会社に馴染むまでの時間を長く感じない点も魅力だと思います。

所属、業務内容は取材時点の内容となります。

RECRUIT

目指すのは、少数精鋭ではなく多数精鋭。
社員一人ひとりが個性とパワーを持ち、会社の成長の柱となるモノを生み出してもらいたいです。