社員紹介 / インタビュー

「新しいルールを作っていく人」になりたい

企画開発部
エンジニア
2016年入社

開発チーム内の雰囲気を教えてください

業務をやる時はやり、抜くときは抜くといったバランスの取れた良い雰囲気です。
リーダーとして気をつけている点は、元気な挨拶やメリハリのある空気作りです。
ミーティングではなかなか意見が出てこない時もあるので、ふざけたツッコミなどを入れて、場の雰囲気を和ませるように心掛けています。新機能のディスカッションの場でも意見は言いやすい環境になっています。チーム内の仲は良く、ランチにもちょくちょく行っていますよ。
私自身、期限を守れて仕事をしているのなら、どんな風に休憩を入れても良いと思っています。やる時はやれているから期限を守れている。そういったバランスは、業務を効率的に進めていく上でも大事なことだと思っています。
業務時間も定時で上がっている人が多く、長い時でも1~2時間の残業があるくらいです。エンジニアとしての1日の業務の流れや納期も決まっているので、スケジュール調整がしっかり出来る方は安心して仕事に取り組むことができますよ。

企画開発部の魅力について教えてください

企画開発部には、やりたい事に挑戦できる環境が整っています。
やってみたいことは社内でどんどん発信することで、機会が巡ってきます。例えば、インフラをやったことがないけど、一度挑戦してみたいという気持ちがあれば、実際にインフラの知見や技術力の高い先輩社員に教えてもらうことで、最初から1人で行うときよりも、スピーディーにエンジニアとして成長できます。
「こんな言語使ってみたい」「もっとエンジニアとして成長したい」といった挑戦心の高い人には、願ったり叶ったりの環境だと思いますよ。
もちろん、新入社員でも挑戦のチャンスは平等にあります。
ただ、任された「基本的な業務」をしっかり行った上で、というのは当然なので、そこは一緒に頑張りながら、新たなことにチャレンジしていきたいです。

携わっている業務について教えてください

ITIにはエンジニアとして入社しましたが、今はチームリーダーという立場で、運用のフォローやマネジメント業務などをやらせてもらっています。今よりも更に業務を円滑に回すために、携わっている仲間の動きをしっかり把握できるようなマネジメントにも力を入れています。更にスキルを伸ばすために、最近は本も読んだりして学んでいます。
まだまだ足りない部分はあると思いますが、興味のあることなので楽しいです。
今後はPMOも行っていくことになると思いますが、自身としては、挑戦してみたいことでもあったので、とてもやりがいを感じています。

去年のことになりますが、とあるプロジェクトの納期がギリギリという状況がありました。ただそんな中、みんなで最終期限を目標に、必死になってプロジェクトを完成させたのは良い思い出であり、チーム全員で難局を乗り越えた感じがあったので、絆が更に深まりました。
また、新入社員が入ってきても挑戦できる環境は大事にしていきたいと考えています。
たとえ失敗しても、フォローは上の者がしっかり行い、なんとかするといった、そんな環境を目指していきます。
開発チームのリーダーとしても、生産性がしっかり出ていた月は、とても嬉しかったです。ですので若手には思いっきり挑戦していってほしいです。
今後の個人的な目標としては、「新しいルールを作っていく人」になりたいです。それがマネージャーの役割だと思っています。

所属、業務内容は取材時点の内容となります。

RECRUIT

目指すのは、少数精鋭ではなく多数精鋭。
社員一人ひとりが個性とパワーを持ち、会社の成長の柱となるモノを生み出してもらいたいです。